Apple、新しいAirTagプライバシー機能とAndroidアプリを年内に発表

Apple、新しいAirTagプライバシー機能とAndroidアプリを年内に発表

今年の初め、Appleは待望のAirTagをついに発表しました。それ以来、Appleのアイテムトラッカーに関する複数のプライバシー問題が発生していました

Appleは、AirTagのプライバシーに焦点を当てた新しいアップデートをリリースし、Androidアプリの開発にも取り組んでいます

そもそもAppleは、AirTagが持ち主から離れた後にアラートを鳴らすまでの時間を調整しています。ファームウェアのロールアウトはすでに行われています

AirTagは、接続されたiPhoneの近くにいると自動的にアップデートされます、アップデートされると、AirTagは8〜14時間以内にオーナーに警告を発します

懸念されるのは、AirTagがスパイ装置として使われる可能性があることです、後にAppleは、未知のAirTagデバイスが近くにある場合、所有者はアラートを受け取ることを明確にしました、しかし、この機能は「探す」アプリにマッピングされており、Androidユーザーにはそのようなオプションはありませんでした

Apple は、AirTag がユーザーと一緒に移動した場合にアラートを出す新しい Android アプリでこの問題に対処しています

スポンサーリンク


Appleは、AirTagについて人々をさらに安心させるために、Androidデバイス用のアプリを開発していると述べています

このアプリは、AirTagや「Find My」ネットワーク対応デバイスを「検出」するのに役立つものです、このアプリは今年後半にリリースされる予定です

Appleは声明の中で、「最近導入したAirTagには、望ましくない追跡を阻止する業界初の積極的な機能が含まれています」と述べています

また、WWDCの開催を1週間後に控えた今回の動きは、AirTagのプライバシーとセキュリティを向上させるための継続的な取り組みを示すものであるとしています

(Via iPhone Hacks.)











LEAVE A REPLY

*
*
* (公開されません)