16インチMacBook Proのリフレッシュモデルの可能性が規制当局の申請書類に浮上

16インチMacBook Proのリフレッシュモデルの可能性が規制当局の申請書類に浮上

2021年のWWDCでの発表が噂される前に、16インチのMacBook Proのバッテリーと思われる中国の規制当局の申請書が発見されました

AppleのサプライヤーであるSunwoda Electronic社が4月14日に提出したこの規制当局のリストには、特にAppleに関する記述はありません、しかし、A2527というモデル識別子が記載されており、Appleの他のモデル番号と一致しています
16inch MacBook Pro 0604
MacRumorsが最初に発見したその申請書の中で、Sunwoda Electronic社はこのバッテリーの定格電圧が8,693mAh/11.45Vであると述べています

これは、現行の16インチMacBook Proのバッテリー定格である8,790 mAh/11.36Vに非常に近い値です

この申請は、AppleのMacBook計画について何かを確認するものではありません、しかし、この申請は、次世代のMacプロフェッショナルポータブルに関する噂と密接に関連しています

スポンサーリンク


Appleは、2021年にM1チップをアップグレードした14インチのMacBook Proと16インチのMacBook Proの新モデルを発表すると大きく期待されています

これらのデバイスには、新しい10コアのApple Siliconプロセッサ、miniLEDディスプレイ、およびわずかな筐体の再設計が施される可能性があります、また、MagSafe電源ポート、SDカードスロット、およびHDMIポートが復活する可能性もあります

Sunwoda Electronic社の資料が正確であれば、バッテリー容量は現行モデルよりもごくわずかに減少することになります

しかし、Apple SiliconチップはインテルのCPUよりも効率が良いため、新モデルでもバッテリーの持ちは同じか、それ以上になると思われます

(Via MacRumors.)











LEAVE A REPLY

*
*
* (公開されません)