Apple、AirTagファームウェア「1.0.276」をリリース、その確認方法は?

Apple、AirTagファームウェア「1.0.276」をリリース、その確認方法は?

Appleは、プライバシーを大幅に改善したAirTagファームウェアの新バージョンを公開ししています

残念ながら、AirPodsと同じようにAirTagsを手動でアップデートすることはできません

Appleによると、AirTagがiPhoneの通信圏内にあれば、ファームウェアのアップデートが自動的にインストールされます、これは、AppleがAirPodsのファームウェアアップデートを提供する方法に似ている

本日公開されたAirTagソフトウェアビルドの新バージョンは、ビルド番号1A276 dとファームウェアバージョン1.0.276です

これは、AirTagsの発売時に同梱されていた1.0.225の以前のファームウェアバージョンからのアップグレードになります

スポンサーリンク

AirTagのファームウェアのバージョン確認方法

  1. 「探す」アプリを開きます
  2. 「持ち物を探す」タブをタップします
  3. リストから確認したいAirTagをタップします
  4. このビューで、AirTag の名前をタップすると、現在のファームウェア バージョンが表示されます
  5. AirTag firmware 0604 00001

AirTagが最新のファームウェアを実行していることを示していない場合、強制的にアップデートする方法はありません、AirTagがiPhoneの通信圏内にあることを確認するだけで、自動的にアップデートされます

このAirTagソフトウェアアップデートの新機能

AppleはAirTagsが所有者から切り離された後、音声アラートを再生するまでの時間を調整しています

今回のファームウェアアップデートにより、AirTagは所有者から切り離された後、8時間と24時間の間にランダムに音を鳴らすようになりました、発売当初、AirTagは所有者から3日以上も離れた後に音を鳴らすせっていになっていました

(Via 9to5Mac.)











LEAVE A REPLY

*
*
* (公開されません)