AirTagはショートカットの自動化のためのNFCタグとして使用可能

AirTagはショートカットの自動化のためのNFCタグとして使用可能

AirTagをNFCタグとして利用することで、「ショートカット」アプリで様々な自動化を実現できることがわかりました

先日、AirTagが初めてハッキングされ、ユーザーがアイテムトラッカーをiPhoneに近づけたところ、「Find My Webpage」ではなく、誤解を招くようなURLが表示されたことがありました

今回、オランダのサイトiCultureは、このアクセサリーをHomeKitオートメーション用のNFCタグや、iPhoneのショートカットとして使用できることを発見しました

通常、AirTagのNFC機能は、ロストモードや、うっかり一緒に移動してしまったアイテムトラッカーのシリアルナンバーを確認するために使われます。しかし、このNFC機能はもっと広く使えることがわかりました


スポンサーリンク

AirTagをNFCタグとして設定する

AirTagは、NFCタグとして設定した後も、通常どおり機能し続けることを知っておくことが重要です

iPhoneをAirTagにかざすとすぐに、Webページへのリンクを含む通知も機能します、AirTagをNFCタグとして使用することにより、オプションを追加するだけです

  1. ショートカットアプリを開き、「オートメーション」を選択して、「+」をタップします
  2. 「個人用オートメーションを作成」をタップします
  3. AirTag NFC 00001

  4. 「NFC」が表示されるまで下にスクロールし、それをタップします
  5. 「NFCタグ (別名AirTag) をスキャンし、名前を付けます
  6. AirTag NFC 00002

  7. ここで、「外出するまでおやすみモードにする」や「Apple Musicを開く」などのアクションを追加できるようになりました
  8. 「次へ」をクリックして完了です
  9. AirTag NFC 00003

このAirTagは、 「HomeKit」 の自動化やさまざまなアプリの起動など、ショートカットアプリの自動化に利用できるようになります

(Source iCulture , Via 9to5Mac.)











LEAVE A REPLY

*
*
* (公開されません)