AirPods MaxはLightning経由でロスレスオーディオのApple Musicを直接サポートしない

AirPods MaxはLightning経由でロスレスオーディオのApple Musicを直接サポートしない

AirPods、AirPods Pro、AirPods Maxは、Bluetoothの制限により、Bluetoothでのロスレスオーディオに対応しないことが確認されましたが、AirPods Maxにも直接有線でのロスレスの選択肢がないことが判明しました

Appleのヘッドホン「AirPods Max」にはLightningポートが搭載されていますが、アナログソースに限定されており、有線モードではデジタルオーディオフォーマットにはネイティブに対応しません

AppleがThe Vergeに語ったところによると、LightningケーブルとLightning-to-3.5mmドングルを使って、24ビット/48kHzのApple MusicロスレストラックをiPhoneからAirPods Maxに再生した場合、音声はアナログに変換された後、24ビット/48kHzに再デジタイズされるとのことです、再度のデジタル化はソースと同一の一致ではなく、Appleはロスレスオーディオとは言えないとしています

Appleは、ロスレスオーディオがiPhone、iPad、Mac、Apple TVで聴けることを確認していますが、AirPods、AirPods Pro、AirPods Maxでは、より高品質なオーディオを利用できません、また、HomePodでもロスレスオーディオできません

スポンサーリンク


iOSデバイスでロスレスオーディオを聴くには、ALACフォーマットに対応した有線ヘッドフォンと、場合によってはデジタル-アナログ変換機が必要になります

67,980円(税込)のAirPods MaxがAppleロスレスに対応していないことは、一部のファンを怒らせることになりますが、多くの人が標準オーディオフォーマットとロスレスオーディオフォーマットの違いを見分けることができるかどうかについては議論があります

AirPods Maxヘッドフォンはロスレスオーディオには対応していませんが、AppleがApple Musicに導入するもう一つの新機能であるドルビーアトモスの空間オーディオには対応しています

この空間オーディオは、H1またはW1チップを搭載したすべてのAirPodsおよびBeatsヘッドフォンで利用できます

(Via MacRumors.)











LEAVE A REPLY

*
*
* (公開されません)