AirPods、AirPods Max、AirPods ProはApple Musicのロスレスオーディオをサポートしない

AirPods、AirPods Max、AirPods ProはApple Musicのロスレスオーディオをサポートしない

Appleは、6月からApple Musicの曲をLosslessとHi-Resolution Losslessのフォーマットでストリーミングできるが、ロスレスオーディオはAirPods、AirPods Max、AirPods Proではサポートされない、と発表しました

Appleの ロスレスオーディオは、Apple Lossless Audio Codecファイルとしてエンコードされ、16ビット44.1 kHz再生から24ビット48 kHz再生までのロスレス品質と、24ビット192 kHz品質を提供するHi-Res Losslessを備えています

AirPods、AirPods Pro、AirPods Maxは、iPhoneとペアリングした場合、BluetoothのAACコーデックに限定され、Apple MusicのロスレスファイルをストリーミングすることはできないとAppleはT3に確認しています

Appleは、新機能を発表するプレスリリースでAirPodsの互換性について言及していませんでした
AppleのWebサイトでは、ロスレスオーディオをiPhone、iPad、Apple TV、およびT 3で聞くことができることを確認しています、また、HomePodはAppleの発表には記載されていませんが互換性があります

スポンサーリンク


Appleのロスレスオーディオは圧縮率が低く、アーティストが意図したとおりに聞こえる音楽のために、スタジオ録音プロセスのより正確なバージョンを提供します。ロスレスオーディオは、音楽のディテールとリアリズムを引き出すために、広いダイナミックレンジを提供します

Hi-Res Losslessは、USBデジタルアナログ変換器などの機器を必要としますが、最高のサウンド体験を提供します

ロスレスのオーディオをiPhoneで聴くには、有線ヘッドフォンが必要です、最高の音質を得るには、ドングルの追加が必要になる可能性があります、Appleによると、AirPods MaxはLightningケーブルによる音声損失にも対応していないと言います

AirPods、AirPods Max、AirPods Proはロスレスオーディオには対応していませんが、ドルビーアトモスのSpatial Audioには対応しており、Apple Musicはデフォルトで、H1またはW1チップを搭載したすべてのAirPodsおよびBeatsヘッドフォンでドルビーアトモスの楽曲を自動的に再生します

(Via MacRumors.)











LEAVE A REPLY

*
*
* (公開されません)