Appleの新しいルールでは、広告主はサードパーティよりもAppleを通じて購入した広告の広告パフォーマンスデータをより多く取得する

Appleの新しいルールでは、広告主はサードパーティよりもAppleを通じて購入した広告の広告パフォーマンスデータをより多く取得する

Appleは昨日、iOS 14.5を一般公開しました、このアップデートでは、「App Tracking Transparency」という新機能が導入され、広告主がユーザーのアプリ使用状況を追跡することが困難になりました

この状況を不当に利用して、アップルが「広告スペース」を独占する可能性があるというのが、Wall Street Journalの新しいレポートです

iOS 14.5では、広告主や開発者がユーザーのアプリ使用状況を追跡できないようにするオプションをユーザーに提供しています

Wall Street Journalの報道によると、ユーザーがアプリのトラッキングを拒否しても、Appleはパーソナライズされた広告を提供できるとしています

広告主がAppleの広告枠を購入した場合、広告代理店は、サードパーティの広告代理店が購入した広告と比較して、データの広告パフォーマンスに関する情報を得ることができるとしています

スポンサーリンク


ユーザーが広告トラッキングを拒否した場合、第三者機関はいかなる種類のデータも提供することができず、「数週間」後には最小限のデータも提供することができなくなります

しかし、Appleから広告枠を購入する企業は、リアルタイムのデータを得られるだけでなく、ユーザーが広告トラッキングを拒否することを心配する必要もありません

Appleは広告サービスの拡大を計画しており、App Storeの「おすすめ」カテゴリで利用できる新しい広告枠をテスト中で、ユーザーの興味やオーディエンスデータに基づいてターゲットを絞ることができると、Appleの広告製品に詳しい関係者は述べています

(Via Wall Street Journal.)











LEAVE A REPLY

*
*
* (公開されません)