Apple、Mini-LED XDRディスプレイのSMTプロセスに関与しているiPad Proサプライヤーの1社との間で問題に遭遇

Apple、Mini-LED XDRディスプレイのSMTプロセスに関与しているiPad Proサプライヤーの1社との間で問題に遭遇

Appleが新しいMini-LED iPad Proの生産において、表面実装技術(SMT)工程の問題で挫折したと報じられています

これは、今回発表されたデバイスのSMTサプライヤーのひとつである台湾のTSMT社の生産歩留まり率が低いことが原因であると、関係者は述べています

Appleは、TSMT以外の別のSMT企業を配置することで、この状況に対応しています

Mini-LEDは、SMT工程で回路基板の表面に転写される。これは、液晶ディスプレイ(LCD)のバックライトとして使われます

Mini LED

市場調査会社TrendForceによると、Mini LED iPad ProのSMT工程はTSMTとYenrichが担当している。Yenrich社は、親会社であるEpistar社からMini-LED技術のサポートを受けています

スポンサーリンク


The Elecによると、新しいタブレットのバックライトユニットの生産には、複数の韓国企業が参加していると言います、LGディスプレイとシャープは、LCDパネルを供給しています

Youngpoong Electronicsはフレキシブルプリント基板を、Heesung ElectronicsはLCDモジュールを供給しています、しかし、彼らの貢献度は、新型iPad Proに必要な部品の大部分を供給している台湾のメーカーに比べて小さいものです

このような状況にもかかわらず、新型iPad Proの販売は好調に推移するものと見込まれています

TrendForce社は、このタブレットが500万台出荷され、世界のタブレット市場の3.1%を占めると予想しています

(Via Patently Apple.)











LEAVE A REPLY

*
*
* (公開されません)