Appleは、iOS14.5で「デフォルト」の音楽サービスを実際に設定することはできないと明言

Appleは、iOS14.5で「デフォルト」の音楽サービスを実際に設定することはできないと明言

Appleは、報道されているように、iOS 14.5ベータ版ではユーザーが新しいデフォルトの音楽サービスを選択することはできないと明確にしました

2月のベータ版リリース後、多くのベータテスターが、Siriに音楽再生を依頼した際に、どの音楽サービスを利用するかを尋ねるようになったことに気づいていました

しかしAppleはこの機能を 「デフォルトの設定」 に相当するものとは考えていません、最近メールやブラウザアプリにも使えるようになったオプションです

この機能はSiriの知能ベースなので、ユーザーのリスニング習慣をSiriが理解するにつれて改善され、さらには変化する可能性もあります

以前の多くのレポートでは、この違いに注目していましたが、この機能を「デフォルトの設定」と呼んでいましたが、これは技術的に正しくありません

スポンサーリンク


もっと広い意味では、この機能は音楽だけでなく、さまざまなタイプのオーディオコンテンツに使いたいリスニングアプリをSiriが学習するのを助けようとしているのです

おそらくユーザーは音楽を聴くためにSpotifyを使用したいが、AppleのPodcastや他のサードパーティ製のPodcastアプリでPodcastを維持することを好むでしょう

また、オーディオブックを別のアプリケーションで聴きたいと思うかもしれません

Siriがこのようなオーディオのリクエストにどのサービスを使うかを尋ねると、あなたがインストールしているオーディオアプリのリストが表示されるので、そこから選ぶことができます

例えば、「play smooth jazz radio on Pandora」のようなことを言って、そのアプリを起動させることもできます、しかし、Apple MusicやSpotifyなどのサービスを最初に指定していたにもかかわらず、音楽リクエストのためにPandoraを名前でリクエストし続けた場合、次にSiriにサービスを指定せずに音楽を再生するようにリクエストしたときに、アシスタントがサービスを選択するように再度リクエストしてしまうことがあります

これは些細な説明のように思えるかもしれないが、AppleがApp Storeとアプリのエコシステムがどのように機能しているかについて、規制当局が監視を強化していることを考えると、これはより重要なことです

特にSpotifyは、Appleがライバルの音楽サービスを運営しているにもかかわらずSpotifyのアプリ内購入に手数料を要求するなど、Appleが反競争的な行動を取っていると主張しています

(Via Ttech Crunch.)











LEAVE A REPLY

*
*
* (公開されません)