Apple、従業員のバッグチェックに関する損害賠償訴訟に直面

Apple、従業員のバッグチェックに関する損害賠償訴訟に直面

米連邦地裁の判事は、Appleの小売部門従業員12,400人を支持する判決を下す準備ができていると述べました、この従業員たちは、同社が不正に強制的に無報酬でバッグの検査を行っており、一連の損害賠償裁判を準備していると主張しています

U.S. Reutersの報道によると、米連邦地裁のWilliam Alsup判事は、原告側に有利な略式判決を認める予定ですが、Appleが個々の主張について個別に争うことを認めると述べました

この訴訟は、2013年に従業員が「屈辱的な」バッグのチェックを含む盗難防止措置についてAppleを訴えたことに端を発しています、2009年に制定されたこの措置の原告らは、会社財産の盗難を防止するために設計されたAppleの審査手順に従うのに要した時間に対して補償を受けるべきだと主張していました

裁判所に提出された書類によると、「従業員パッケージおよびバッグの検索」規則では、管理職に対し、勤務時間の終了時や、場合によっては昼休みに出勤した後に、従業員のバッグや個人的な機器(iPhoneのように)を調べるよう求めています、原告らは、これらのセキュリティーチェックの間の通常の待ち時間が彼らから年間1,400ドル以上の賃金を奪ったと主張しました

スポンサーリンク


Alsup判事はこの訴訟を2014年に棄却したが、カリフォルニア州法に基づき集団訴訟を進めることを認めました

この訴訟は2015年にも棄却され、陪審員は、従業員がバッグを職場に持ち込まなければ、Appleの検索を実質的に回避できたはずだと述べました

Alsup判事の裁定は、カリフォルニア州最高裁判所が昨年、バッグ、パッケージ、デバイスなどの強制的な出口調査の際に従業員がAppleの管理下にあり、現在もその支配下にあると判断したことで覆されました

州法では、従業員が盗難防止プログラムに費やした時間に対する補償を企業に義務づけています

裁判所の文書によると、Appleは約6,000万ドルの損害賠償責任を負う可能性があると言います

(Via Apple Insider.)











LEAVE A REPLY

*
*
* (公開されません)