Apple、テクノロジー関連株の買い戻しで圧倒的にリード

Apple、テクノロジー関連株の買い戻しで圧倒的にリード

Appleを筆頭とするハイテク企業は2020年後半、自社株買いに対するブローバックが緩和されたことから、自社株買いを増やしています

しかし、2021年初め、Investor’s Business Dailyは、銀行が率いる金融会社が企業買収の最大の支出者になっていると報告しています

Standard & Poor’s (S&P) によると、Appleは昨年の四半期に自社株276億4,000万ドルを買い戻し、2021会計年度としては初めてとなります、これは、2020会計年度第4四半期の175億9,000万ドル、2020会計年度第1四半期の220億8,000万ドルから上昇しています、全体として、Appleの自社株買い戻しは、2020年暦年で約815億ドルとなり、前年とほぼ同水準でした

Googleの2020年の自社株買いは311億5,000万ドルと、前年の183億9,000万ドルから増加しました、これには、前年同期の79億ドルが含まれます

スポンサーリンク


S&Pのシニア・インデックス・アナリスト、Howard Silverblatt氏によると、昨年12月のIT関連株の買い戻しは、第3・4半期が約12%、2019年第4四半期が8%と報告されています、しかし、ゴールドマン・サックス、JPモルガン、バンク・オブ・アメリカなどの大手銀行は、バランスシートに対する規制上のストレステストの後、再び自社株買いにコミットしています

「2021年第1四半期には(連邦準備制度理事会の承認を経て)大手銀行の復活を経験しており、従業員のストックオプションのために株式を購入する非金融会社が増えている」と同氏は述べています











LEAVE A REPLY

*
*
* (公開されません)