「Final Cut Pro」の商標のアップデートは、Appleが将来的なサブスクリプションモデルを検討中か

「Final Cut Pro」の商標のアップデートは、Appleが将来的なサブスクリプションモデルを検討中か

Appleは月曜日、ヨーロッパでのFinal Cut Proの商標に「Nice Classification #42」のリストを追加しました

クラス42の識別は、サービスとしてのソフトウェア(SaaS)、またはサービスとしてのプラットフォーム(PaaS)を含むと記載されています

Microsoft Office 365は月額制または年額制のサブスクリプションを採用していますが、このソフトウェア群にも同じクラス42の表示が含まれています

Final Cut Proは現在300ドルで販売されており、プロのビデオグラファー、YouTuber、コンテンツ制作者などに広く使われています

価格と支払いモデルを月払いや年払いのサブスクリプションに変更することで、このソフトウェアを使う顧客をさらに増やすことができるかもしれません

スポンサーリンク


Appleがサブスクリプション方式を計画しているのであれば、ソフトウェアそのものだけではない可能性が高いと言えます

サブスクリプションにすることで、Appleは理論的には、詳細なチュートリアル、ウォークスルー、またはワークフローの一部として「Final Cut Pro」を使用する著名なビデオメーカーとの独占的なビデオ/セッションなど、オリジナルコンテンツへのアクセスを購読者に提供することができます

しかし、Appleがこの道を選ぶかどうかは不明ですが、今回の更新された商標がそのことを物語っています

(Source Patently Apple , Via MacRumors.)











LEAVE A REPLY

*
*
* (公開されません)