Apple、株主総会で株主が役員報酬を承認、増配も視野に

Apple、株主総会で株主が役員報酬を承認、増配も視野に

株主総会でCook氏は株主に対し、Appleは過去六年間に100社近くの企業を買収したと述べました、Appleの株主は火曜日、同社の取締役会を再任し、最高経営責任者 (CEO) のTim Cookを含む2020人の役員報酬を承認することを投票で決めました

予想されていたこの投票結果は、Appleの株主が同社の経営陣とCEOに満足していることを示す新たな兆候です

時価総額2兆1000億ドル以上のAppleは最近、パンデミックの年でさえ、全製品カテゴリーで1,114億ドルの売上高と売上高の成長を報告しています

Appleの取締役会は、Cookが2011年にCEOに就任してから2020年9月までの間、配当を含めて867%の株主還元を行ったことを挙げ、100万株の新株を得ることができる昨年発表されたCookの株式パッケージを強く支持しました

しかし、その株式パッケージは、Appleの2021会計年度の初日である2020年9月27日まで付与されませんでした。したがって、今年の役員報酬に関する株主投票は、実際にはその助成金をカバーしていませんでした

スポンサーリンク


Cook氏はまた、Appleは同社の配当を増やす計画だとも語り、過去4四半期の配当金は合計140億ドルを超え、同社は過去2四半期に1株あたり20.5セントの配当を支払いました

COVID-19とAppleがパンデミックの年にビジネスとして成功したことが、Cookの株主へのスピーチの大きなテーマでした

昨年Cookは、このパンデミックはAppleがこれまで直面した中で最も困難な環境だったと語っていました

同氏によると、Appleは過去6年間で100社を買収したと言い、Cook氏によると、最終的にAppleは3~4週間ごとに企業を買収するが、その主な目的はテクノロジーと才能の獲得です

(Via CNBC.)
Appleは自社株買いに主に投資したいと考えており、配当の引き上げはこれまでのところわずかですが、Appleが4月末に収益を報告するときは、1株あたり数セント(0.22ドル/株)の増加が見込まれます

昨年、Appleの取締役会は、同社の普通株式(分割前)の1株当たり0.82ドルの現金配当を宣言しており、これは6%の増加となっています











LEAVE A REPLY

*
*
* (公開されません)