Apple、「Sign in With Apple」などの開発者からの苦情で独占禁止法違反の調査に直面

Apple、「Sign in With Apple」などの開発者からの苦情で独占禁止法違反の調査に直面

米司法省はAppleの「Sign in With Apple」オプションに関する開発者からの苦情を調査中と言われます

The Informationによると…

iOS 13で導入されたSign in with Appleは、プライバシー重視のログインオプションで、ユーザーはユーザー名を作成したり、開発者とメールアドレスを共有したりすることなく、Apple IDを使ってアプリにサインインすることを選択できます

Appleは、Google、Facebook、およびTwitterにサインインできるオプションを提供するすべてのApp Storeアプリに対しても提供するよう求めていますが、一部の開発者はこれに不満を抱いています

情報筋によると、昨年夏に提出された開発者の苦情は現在、米国の独占禁止法規制当局によって調査されていると言い、米司法省は、Appleがサインインボタンとユーザーが競合するデバイスに切り替えることを困難にするApp Storeの規則をどのように使用しているかを調査しています

この調査では、App Storeが開発者に課金していない位置情報の追跡にAppleが課している規制や、Apple自身のアプリが対象としているその他の形態の追跡に関する苦情について調べています

スポンサーリンク


Appleの広報担当Fred Sainz氏は、The Informationの質問に対して独占禁止法違反調査に関するコメントを控えましたが、Sign With Apple機能は、プライバシーに焦点を当てた、他社が提供するサインインオプションに代わる選択肢を顧客に提供することを目的としていると述べています

米司法省はAppleを提訴するかどうかまだ決定しておらず、その決定には数カ月かかる可能性があります、また、FacebookとGoogleも独占禁止法違反の調査に直面しており、すでに訴訟が起こされています

(Source The Information , Via MacRumors.)











LEAVE A REPLY

*
*
* (公開されません)