Apple、法外な料金を請求する詐欺アプリの取り締まり強化

Apple、法外な料金を請求する詐欺アプリの取り締まり強化

最近では、App Storeでいくつかの詐欺アプリを見かけるようになりましたが、最近のレポートでは、これらの詐欺アプリがいかにユーザーから毎年数百万ドルを騙し取っているかが明らかになりました

開発者は偽のアプリのレビューを作成し、アプリを本物に見せるためにあらゆる努力をしています

これらの詐欺アプリの手口は非常に単純です、彼らは印象的な広告や前代未聞の機能で購読者をおびき寄せます、ユーザーがアプリを購読すると、法外な購読料を請求します

ありがたいことに、Appleはそのようなアプリの取り締まりを始めました、Appleのレビューチームは、妥当ではない高額なアプリ内課金のアプリにスポットを当てています

Appleは、App Storeのレビューガイドラインも同様に更新しています、「ぼったくり」のような用語を複数回使用し、「ぼったくり」と思われるアプリやアプリ内課金を配布しないとしています

スポンサーリンク


Appleは、App Storeから詐欺アプリを淘汰するという正しいことをしています、しかし、中には偽陽性のケースもあります、言い換えれば、Appleのレビュアーは、合法的なアプリを誤ってフラグを立ててしまったようです

あるケースでは、アプリが有料APIを使用しているため、より高い料金を請求しています、開発者がAppleに連絡を取り、高額な購読料を正当化した結果、アプリは承認されました

App Storeの規制は確かに複雑な作業です、将来的にも、誤検出のケースはたくさん出てくるでしょう、ポジティブな面では、App Storeは詐欺アプリを一掃され、不正な拒否は小包の一部となるでしょう

(Via iPhone Hacks.)











LEAVE A REPLY

*
*
* (公開されません)