University Health Network、血液酸素アプリを使ったApple Watch心不全研究を開始

University Health Network、血液酸素アプリを使ったApple Watch心不全研究を開始

University Health Networkは本日、Apple Watchが心不全の進行の早期発見にどのように役立つかを調べることを目的とした新しい研究の開始を発表しました

心臓病専門医のHeather Ross博士はAppleと提携し、Apple Watchで収集したデータと、心不全患者が受ける身体検査で日常的に収集したデータを比較しています、この研究では、Apple Watchに搭載されている血中酸素(Blood Oxygen)アプリや移動性測定基準などが早期の警告サインを提供できるかどうか、また、患者が自宅で従来のクリニックベースの評価を行えるかどうかを判断するとしています

Appleのヘルス担当バイスプレジデントであるDr.Sumbul Desai氏は次のように述べています

心臓の健康に関する洞察を表面化することは、Apple Watchの進化において重要な役割を果たしてきており、私たちは、それが彼らの生活に与えた影響についてユーザーから聞く反応に常に謙虚な気持ちを持っています


私たちは、UHNとDr.Heather Rossと協力して、Apple Watchの強力なセンサーがどのようにして患者が自宅で快適に心不全を管理することができるのかをよりよく理解することに興奮しています

スポンサーリンク


Apple Watchが心房細動を検出できるかどうかを判断するためにStanford Medicineと協力して行った研究を含め、Apple Watchは過去に複数の心臓関連研究の対象となっています

この研究では、Apple Watchは確かに不規則な心臓のリズムを検出することができると判断し、Apple Watchは多くの国で、異常な心臓のリズムが検出されたときに着用者に警告を発することができる機能を組み込んでいます

(Via MacRumors.)











LEAVE A REPLY

*
*
* (公開されません)