Appleは、パンデミックの中で在庫不足を解消するために貨物船とプライベートジェットの使用を増やす

Appleは、パンデミックの中で在庫不足を解消するために貨物船とプライベートジェットの使用を増やす

The InformationのWayne Ma氏は、コンテナ船やプライベートジェット用船の利用の増加など、パンデミックの中で製品出荷の遅れを避けるためにAppleが取った「異例でコストのかかる措置」の概要を紹介しています

例えば、昨年Appleは初めてAirPodsの海上輸送を開始しました、船舶積荷目録データの分析とAppleの物流業務を直接知る人物によると、同社は昨年の第3四半期に、時間の影響を受けにくい旧モデルのiPhoneの海上輸送を大幅に増やし、新しいiPhone 12の航空貨物スペースを解放しました

Appleは時折、航空便ではなく船便で製品を出荷する際に問題に直面しています、例えば、11月下旬に中国からカリフォルニアに向かっていた大型コンテナ船が転覆し、約1,800個のコンテナが海に流出し、そのうちの少なくとも一つがBeatsヘッドフォンが入っていたとレポートは述べています

スポンサーリンク


記事によると、Appleは製品をアジア以外に出荷するために、より高価な自家用ジェット機のチャーターに頼ることがしばしばあったのは、同社の配送パートナーが旅客機の貨物室の容量を使い果たしてしまったからで、物流業務に直接詳しい関係者によると、Appleは200台以上のプライベートジェットを2020年にチャーターしており、これは同社の単年度記録でした

配送をさらに高速化するために、Appleは米国とカナダの直営店を「小規模な流通センター」として利用する計画を加速しており、FedExやUPSといったAppleの宅配パートナーがApple直営店から商品を受け取り、その近くの顧客に配送できるようにしていると、レポートは述べています

レポートは、全体として、ほとんどのApple製品が2020年に出荷されるまでに平均よりわずか数日長くかかっただけだと報告しています

(Via MacRumors.)











LEAVE A REPLY

*
*
* (公開されません)