2021年iPhoneの全モデルは大幅に改善された低照度性能(f/1.8) を持つウルトラワイドカメラを搭載すると予想される

2021年iPhoneの全モデルは大幅に改善された低照度性能(f/1.8) を持つウルトラワイドカメラを搭載すると予想される

BarclaysのアナリストであるBlayne Curtis氏とThomas O’Malley氏は、投資家向けのメモの中で 2021年iPhoneの全モデルに、より大きな開口率 (f/1.8) を持つアップグレードされたUltra Wideカメラレンズが搭載されると述べました

アナリストMing-Chi Kuo氏は、昨年11月にTF International Securitiesが出した投資家向けのメモの中で、Ultra Wideのレンズは絞り (f/1.8) にアップグレードされるが、これはiPhone 13 Proモデルに限られると主張しています

Kuo氏は、アップグレードされたUltra Wideレンズが、2022年後半には他のフラッグシップモデルのiPhoneラインアップにも拡大すると予想しています

より広い開口部は、より多くの光がレンズを通過することを可能にし、f/2.4からf/1.8開口部への移行は、iPhone 13モデルでウルトラワイドモードで撮影するときに、著しく改善された低光性能をもたらしそうです

スポンサーリンク


Barclays氏はまた、iPhone 12 Pro Maxのアップグレードされた望遠レンズが、焦点距離65 mm、口径2.2 mmの標準的なiPhone 13 Proに拡大されると主張ました

Appleは、デュアルレンズカメラを搭載した5.4インチと6.1インチモデル、トリプルレンズカメラを搭載した6.1インチと6.7インチモデルなど、iPhone 13シリーズと同じディスプレイサイズとカメラ設定を維持するとみられています

噂されている他のカメラ機能には、LiDARスキャナの拡張とセンサーシフト手ぶれ補正があります

(Via MacRumors.)











LEAVE A REPLY

*
*
* (公開されません)