Apple、CPDP会議でTimCookがデータプライバシーに取り組むビデオを公開

Apple、CPDP会議でTimCookがデータプライバシーに取り組むビデオを公開

Appleは、ブリュッセルで開催されたプライバシーと技術に焦点を当てた年次カンファレンス 「European Computers, Privacy&Data Protection (CPDP) 」 で、CEO Tim Cook氏が開会の辞を述べたビデオを公開しました

最初に1月28日にオンラインで放映された12分間のビデオで、Cook氏はデータのプライバシーと情報セキュリティに関するいくつかの差し迫った問題に対処し、同氏はまた、顧客データを収集することで利益を得ている企業を批判しました

Cook氏は、次のように述べています

アルゴリズムに刺激された情報の捏造や陰謀の理論が蔓延している今、私たちはすべてのエンゲージメントは良いエンゲージメントであり、長いものほど良いエンゲージメントであり、できるだけ多くのデータを集めることを目的としているというテクノロジーの理論に目をつぶることはできない
あまりにも多くの人が、『どれだけのことができるのか』という質問をしていますが、『結果はどうなるのか』という質問をする必要があります


社会的ジレンマが社会的大惨事になることは許されない


スポンサーリンク


CPDPでの講演で、Cook氏はAppleの技術と、追跡や不要な詮索を減らす取り組みについて説明しました、App Tracking TransparencyはAppleの武器の1つです

昨年発表され、当初iOS 14でデビューする予定だったATTは、デフォルトで広告追跡サービスからユーザーをオプトアウトし、開発者は追跡ツールを適用する前に明示的な許可を得る必要があります

Appleは、 「iOS 14.5」 のリリースに合わせて、春先に新しい規則の適用を開始する予定です

また、Cook氏はスピーチの中で、法改正や欧州のGDPRについても触れています

(Via Apple Insider.)











LEAVE A REPLY

*
*
* (公開されません)