Apple、再設計されたiMac、新しいIntelベースのMacPro、安価なディスプレイなどに取り組んでいる

Apple、再設計されたiMac、新しいIntelベースのMacPro、安価なディスプレイなどに取り組んでいる

再設計されたiMac

Appleは、Apple Siliconチップを搭載した再設計された「iMac」のラインナップ、2つの新しい「Mac Pro」モデル、そしてより安価なディスプレイを2021年にリリースする予定であると伝えられています

情報筋がBloombergに語ったところによると、再設計されたiMacはPro Display XDRを彷彿とさせると言い、このデザイン変更は、2012年以来のもので、iMacの背面がカーブからフラットになったとも言われています

情報筋によると、iMacのアップデートは、2021年のAppleのビジュアルデザインの刷新としては最大のものになると言われ、開発中のiMacには、現在の21.5インチiMacと27インチiMacに代わるJ456とJ457というコードネームのバージョンがあると伝えられています

どちらも、2021年に発売されるMacBook Proのラインアップにも登場する新世代のファーストパーティ製Apple Siliconプロセッサを採用する予定です

スポンサーリンク

新しいMac Proモデル、より安価なAppleディスプレイ

iMacに加えて、Appleは2つの新しいMac Proモデルにも取り組んでいます、最初のバージョンは、2019年にリリースされた現行バージョンと同じように見えるが、今後もIntelプロセッサを使用する可能性があります

Bloombergの記事によると、Apple Siliconプロセッサを搭載した第2のモデルは、サイズが約半分で、「Power Mac G4 Cubeを懐かしむようなデザインになる可能性がある」と言います

2020年11月、Appleがリエンジニアリングされたより小型のMac Proデバイスを開発していると報じられたが、プロセッサの種類は不明でした、その1カ月後、別の報道によると、Appleは新しいMac Proを含む、より高速なプロプライエタリなプロセッサをプロ向けデスクトップおよびノートPC向けに開発していると報じられました

Appleはまた、新しいMacデスクトップの取り組みの一環として、低価格の外付けモニタに取り組んでいるとも言われています

(Via Apple Insider.)











LEAVE A REPLY

*
*
* (公開されません)