Appleは次世代iPhoneのためにベーパーチャンバーサーマルシステムをテスト中

Appleは次世代iPhoneのためにベーパーチャンバーサーマルシステムをテスト中

TF International SecuritiesのアナリストMing-Chi Kuo氏はレポートの中で、最近の業界調査はAppleがiPhone用のベーパーチャンバーサーマルシステムを「積極的に」テストしていることを示しており、近い将来この技術がフラッグシップ機に採用されることを示唆していると述べています

5Gの大量使用とCPUの大量使用によって発生する熱をより効果的に放散するには、この堅牢な冷却システムが必要になると言います、冷却システムが改善されれば、iPhone 13シリーズのパフォーマンスが向上し、持続時間が長くなります、また、重い負荷がかかってもデバイスを冷却し続けることができます

スマートフォンのベーパーチャンバーサーマルシステムは新しいものではなく、RazerやASUSなどの多くのAndroidゲーム用スマートフォンが利用しています、ベーパーチャンバーサーマルシステムの欠点の1つは、デバイスに顕著な厚みを追加することですが、何時間もゲームをした後でもこれらのゲーム用電話が比較的涼しく保たれることは確かです

スポンサーリンク


現時点では、このベーパーチャンバーサーマルシステムがAppleのすべての要件とテストを通過するかどうか、そしてAppleが2021年のiPhoneラインアップにそれを組み込むことを進めるかどうかは不明です

しかしKuo氏は、ベーパーチャンバーサーマルシステムの信頼性が向上し、Appleのテストに合格すると楽観しています、iPhone 13シリーズのプロモデルにはベーパーチャンバーサーマルシステムしか搭載されない可能性がります

Appleは、より高速なAシリーズチップ、改善された5Gモデム、そして高リフレッシュレートのディスプレイをiPhone 13シリーズに採用すると予想されています、これらすべての改善は、より多くの熱が発生し、ベーパーチャンバーサーマルシステムがより効果的に放散する可能性があります

(Via Apple Insider.)











LEAVE A REPLY

*
*
* (公開されません)