iOS 14.4はiPhoneの非純正カメラについて警告する可能性がある

iOS 14.4はiPhoneの非純正カメラについて警告する可能性がある

今週初め、Appleは開発者向けにiOS 14.4 beta 2をリリースしました

新たに発見されたコードによると、iPhoneはカメラが純正部品ではない部品で交換または修理された場合、ユーザーに警告を発します

これにより、ユーザーは自分のデバイスが純正部品で固定されているかどうかを理解することができるようになります

非純正ディスプレイの場合も同様の警告メッセージがポップアップします

さらに、設定アプリ>一般>バージョン情報にも表示されます。ロック画面に簡単な通知として表示されることもあり、メッセージは “Unable to verify this iPhone has a genuine Apple camera (このiPhoneに純正のAppleカメラが搭載されていることを確認できません)”と表示されます

この表示警告はシステムを停止させるものではなく、ユーザの使用を妨げるものでもありません、カメラの警告もほぼ同じです

Appleはまた、iPhoneの非純正バッテリについても同様の警告を発しています、ただし、この場合、電話機が通常どおり機能している間は、バッテリーヘルス機能にアクセスできなくなります

スポンサーリンク


Appleは警告メッセージを表示するだけにとどまりません、また、ユーザーをApple サポート文書に誘導し、純正部品の重要性を認識させる可能性もあります

Appleは、Apple正規サービスセンター、純正部品を使用している技術者、またはAppleの独立修理業者プログラムに参加している技術者が、デバイスの修理または保守を行うことを推奨しています

以前iFixitは、技術者が新しいiPhone 12モデルのカメラとディスプレイの修理を確定するには、Apple独自のシステム構成アプリを実行する必要があることを報告していました、そうしないと、カメラが反応しなくなったり、動作しなくなったりします

(Via MacRumors.)











LEAVE A REPLY

*
*
* (公開されません)