2021年のiPhoneの量産は通常通りで遅れることはないとの予測

2021年のiPhoneの量産は通常通りで遅れることはないとの予測

iPhone 12のラインアップは、COVID-19のパンデミックのために通常よりも遅く発売されましたが、アナリストのMing-Chi Kuo氏は、来年の、いわゆるiPhone 13と新型のA15チップの大量生産は、Appleの通常のタイムフレームに戻るだろうと予測しています

通常、AppleはiPhoneの量産を初夏に開始しますが、iPhone 12モデルの量産は九月まで開始されなかったため、通常のiPhoneイベントを九月から2011年以来初めて十月に延期したと報じられています

iPhone 12とiPhone 12 Proモデルが10月23日に発売され、続いてiPhone 12 miniとiPhone 12 Pro Maxが11月13日に発売されました

Kuo氏はまた、AppleのサプライヤーであるTSMCのA14チップの稼働率が、100%から80%へと2021年第一四半期に低下するとの懸念を一蹴し、これは主に季節要因によるものだと指摘しました

同氏によると、iPhoneの需要は引き続き好調で、特にiPhone 12 Proモデルはカメラ関連の部品不足に直面しており、Apple.comでの出荷台数予測の拡大につながっていると言います

(Via MacRumors.)











LEAVE A REPLY

*
*
* (公開されません)