Appleが写真のスタートアップCameraiを秘密裏に買収、すでにカメラシステムで技術を利用

Appleが写真のスタートアップCameraiを秘密裏に買収、すでにカメラシステムで技術を利用

イスラエルのスタートアップCamerai Ltd.は1年半前に数千万ドルでAppleに売却され、Appleのコンピュータビジョンチームに組み込まれたとCalcalistは取引に詳しい関係者の話を引用して報じています

Cameraiの技術はすでに、拡張現実 (AR) とビデオ技術の機能に重点を置いた、すべてのAppleのカメラの重要な部分になっていると言います

Calcalistによると…

創設者たちは、会社が存在していた数年間、会社をステルスモードに保ち、買収後もメディアに沈黙を守り、売却や現在Appleの下で働いているという事実について話すことはありませんでした

同社は2014年、Aaron Wetzler、Erez Tal、Jonathan Rimon、Moty Kosharovskyによって、Tipitという名前で設立されました

Appleに売却された時点で、同社はテルアビブで13人の従業員を雇用しており、その大部分はHerzliyaのAppleのオフィスに統合されていました

同社は、ディープラーニングとコンピュータービジョンの高度な機能を含む写真技術を開発していました

Cameraiのプラットフォームは、アプリやソフトウェアの開発者が、技術的な知識やコードを書くことなく、拡張現実や画像処理グラフィックスを作成することを可能にしました

Appleのカメラに統合されたことで、さまざまなアプリにAR機能を組み込みたいと考えていた開発者にとって、作業を容易にしました

(Via Calcalist.)











LEAVE A REPLY

*
*
* (公開されません)