AppleのiPadの売上高、2020年第2四半期になんと34%増加

AppleのiPadの売上高、2020年第2四半期になんと34%増加

Strategy Analyticsのレポートによると、COVID-19ロックダウンの長期化に伴う厳しい経済困難にもかかわらず、AppleのiPadの第2四半期の売上は34%という驚異的な伸びを見せ、消費者および企業顧客は仕事や家庭学習の取り組みをサポートするためにタブレットを大量に購入しました

サプライチェーンは4月から5月までにほぼ完全に回復し、2020年第2四半期のタブレット出荷台数は前年同期比17%増に貢献したとStrategy Analyticsのレポートは示しています

新学期に向けた需要が秋のタブレット市場をさらに押し上げる可能性があり、長期的に見て、遠隔勤務や学校での選択が流行後も続くのであれば、タブレットの販売は価格の低下によって再び拡大する可能性があります

ベンダー別の世界的なタブレットの出荷台数・マーケットシェア

Strategy Analytics Q2 00001 z

オペレーティングシステム別の世界的なタブレットの出荷台数・マーケットシェア

Strategy Analytics Q2 00002 z

スポンサーリンク


Connected ComputingのディレクターであるEric Smith氏は、声明の中で次のように述べています

COVID-19は、世界のいくつかの大規模な市場ではまだ導入されておらず、一部の労働者や企業がリモートワークに慣れているという調査結果もあるため、これは一時的な需要の変化ではないと言って差し支えないだろう。タブレットは、ブームの時代のシンプルなエンターテインメント製品から、仕事や学校での作業に対応できるデバイスへと進化してきた

シニアリサーチアナリストのChirag Upadhyay氏は、「新製品も今期のタブレットの成功に重要な役割を果たした。Appleの最新iPad Proモデルは非常によく売れ、消費者は自宅で仕事をするためにキーボードのついたデバイスを必要としていた」と付け加えました

(Via Strategy Analytics.)











LEAVE A REPLY

*
*
* (公開されません)