Appleの予想される5.4インチiPhone 12は、ここ数年で最小のiPhoneになる

Appleの予想される5.4インチiPhone 12は、ここ数年で最小のiPhoneになる

iPhone 12に関するうわさは、iPhone 11がリリースされる前から渦巻いており、憶測やリーク情報はここ数カ月の間に増え続けています

iPhone 12は、比較的小さな5.4インチのディスプレイを搭載すると考えられています、それに加えて、時代遅れのホームボタンが削除され、期待通りに実現すれば、Appleにとってここ数年で最小のiPhoneになるでしょう

iPhone12は5.4インチ、6.7インチ、6.1インチで登場すると思われます

ダミーモデルは、5.4インチが他のiPhoneラインナップと比べてどれほど小さいかを示しています、次期の5.4インチiPhoneは、元のiPhone SEと2020 iPhone SEのサイズの中間にあり、Appleから数年で最小のiPhoneを表しています

Appleはかつて4インチのiPhone 5の比較的小さなフォームファクタを片手で使うのに最適なサイズであると宣伝していましたが、当初の3.5インチサイズから最大の6.5インチサイズまで、デバイスのサイズは着実に成長してきました

現在購入できる最小のiPhoneは、iPhone 7/8の4.7インチの画面サイズを採用した2020年モデルのiPhone SEです

スポンサーリンク


噂されている5.4インチの画面サイズは、iPhone 7/8の4.7インチの画面サイズよりも大きくなっていますが、本体からホームボタンが取り除かれたことで、端末全体のサイズを小さくすることができます

MacRumorsは、どれだけ小さくなったかを確認するために、既存のフルスクリーンFace ID iPhoneの所有者に、5.4インチのiPhoneが手にとってどのように感じるかを正確に確認してもらうために、これらの画像を作成しています

iPhone 11 ユーザーは、こちらで対応する画像を開くだけで確認できます、左と右に寄せた画像が用意されています

完全な効果を得るには、画像をカメラロールに保存してフルスクリーンで表示します











LEAVE A REPLY

*
*
* (公開されません)