iPhone 12 Proは120 Hz対応ディスプレイ、改良されたスピーカーを搭載して出荷される可能性

iPhone 12 Proは120 Hz対応ディスプレイ、改良されたスピーカーを搭載して出荷される可能性

YouTubeのEverythingApplePro氏とリカーのMax Weinbach(@MaxWinebach)氏が、Appleの次期iPhone 12ラインアップについてさらに詳しい情報を公開しています

2人は以前、Appleが120HzのProMotionディスプレイを搭載したiPhone 12 Proラインアップを出荷する可能性は、技術的な問題のために低いと主張していました

両氏は、AppleがiPhone 12 Proのラインアップに120Hz OLEDパネルを搭載すると主張していますが、それは非アクティブ化され、Appleがこの決定を変えることは 「ありそうもない」と述べています

また、iPhone 12とiPhone 12 Proの両ラインアップでは、より薄型のベゼルが採用され、iPhone 12 Proではさらに薄型のベゼルが採用されると、もし本当であればAppleが非アクティブ化されたハードウェアを搭載したiPhoneを出荷するのは今回が初めてではありません

iPhone 11のラインアップでは、リバースワイヤレス充電に必要なハードウェアが同梱されていますが、この機能は有効になっていません

スポンサーリンク


Max Weinbach氏は、iPhone 12 Proのスピーカーからの音声サンプルまでも公開しており、これはiPhone 11ラインアップよりも著しく改善されています、iPhone 11 Proの50%の音量と比較すると、iPhone 12 Proのスピーカー出力はより深い低音とより明瞭度の高い音が出ています

AppleがiPhone 12のラインナップのリテールボックスに電源アダプタとEarPodsを同梱していないことについては、これまでにも多くのリークがありました

EverythingApplePro氏とMax Weinbach氏は、これが正しいと主張しており、この動きはAppleがデバイスの小売パッケージが薄くなるため、輸送時に最大1.5倍から2倍のスペースを節約するのに役立ちます、これはまた、最近では会社の重要な目標の一つとなっている炭素排出量と汚染を減らすのに役立ちます

最後に、Max Weinbach氏はiPhone 11シリーズは9月30日に販売終了と主張していますが、これがiPhone 11 Proシリーズだけに適用されるのか、iPhone 11にも適用されるのかは不明です

これはAppleが公式に携帯電話の販売を中止することを意味しますが、サードパーティーからは依然として入手可能です

(Via iPhone Hacks.)











LEAVE A REPLY

*
*
* (公開されません)