Appleの新しい「探す 」ネットワークアクセサリプログラムは、サードパーティーのオプションを大幅に制限している

Appleの新しい「探す 」ネットワークアクセサリプログラムは、サードパーティーのオプションを大幅に制限している

Appleは先月、サードパーティ製品がAppleの新しい「探す」アプリと連携できるようにするためのネットワークアクセサリプログラムを発表しました

AppleのAirTagsはまだ公式には発表されていませんが、このプログラムはAppleがTileのような競合するBluetoothロケーショントラッカーと対等に戦い、Appleが市場を独占しているという非難を避けるための手段と見られていました

The Washington Postが発表した新しいレポートによると、このプログラムには、これまで詳細に書かれていなかった側面もあり、その中には「探す」アプリを利用するサードパーティー企業に対するはるかに厳格なルールも含まれています

Find Myに関するAppleからの50ページに及ぶ秘密のPDFを共有した匿名の開発者によると、Appleのアプリを使ってデバイスを探す顧客は、サードパーティのサービスを同時に利用することが禁止されるとのことです

Appleの「探す」アプリに関する50ページに及ぶPDFを公開した「探す」アプリを使っている匿名の開発者によると、Appleのアプリを使ってデバイスを検索する顧客は、サードパーティーのサービスを同時に利用することを禁じられとのことです

スポンサーリンク


詳細はほとんど明らかにされていませんが、例えば「Tile」トラッカーを「探す」アプリにリンクしたり、Appleの「Wallet」アプリを使って紛失した財布を見つけたりすることはできるが、Tile独自のアプリを使って同じことをすることはできません

さらに、Appleは位置情報へのアクセスを「常に許可する」を制限しているため、すべての外部企業はAppleユーザーに自分の位置情報を取得する許可を求めなければならず、これはアイテム位置情報アプリにとって顕著な障害となります

開発者が指摘しているもう1つの問題は、iPhoneのBluetoothアンテナや他のAppleハードウェアへのアクセス制限です、「探す」アプリはこれらのハードウェアを必要に応じていつでも使用できますが、サードパーティー製ソフトウェアは特定のしきい値の範囲内でしかBluetoothアンテナを使用できず、Appleがアクセスを遮断してソフトウェアが動作しないようにする範囲を超えた場合のみ使用できます

特筆すべきは、これらの開発者によると、Appleは具体的なしきい値を彼らに知らせていません

Appleの「探す」アプリの発表と、Apple自身のBluetooth追跡ハードウェアに関するうわさが渦巻く中で、TileはAppleに対して行動を起こし始めました

同社は5月に欧州連合 (EU) に送付した書簡の中で、Appleが権力を乱用し、自社製品を違法に優遇していると非難しています

(Via MacRumors.)











LEAVE A REPLY

*
*
* (公開されません)