Apple/GoogleコンタクトトレースAPIを採用または切り替えている国が増加

Apple/GoogleコンタクトトレースAPIを採用または切り替えている国が増加

Apple/Google のコロナウイルスコンタクトトレース API は、これまで広く採用されていませんでしたが、現在では採用している国が増えたり、他の国で切り替えたりしているため、ペースを上げているように見えます

フィンランド、アイルランド、ポルトガルが採用しており、オーストリアは切り替えています、またシンガポールとオーストラリアは両国とも変更を検討しています

スイスはAPIに基づいたアプリをリリースした最初の国で、イタリアがそれに続いています、ドイツ、ラトビア、エストニアも同様で、英国とフランスだけが今のところ拒否しています

ドイツは当初の立場からUターンし、他の国も追随しているとロイターは報じています

コロナウイルスパンデミックの猛威から慎重に浮上しているヨーロッパの国々は、さらなる発生を封じ込めるために、第二世代の接触追跡アプリに注目しています

最新のアプリは、ヨーロッパで最も人気のあるスマートフォンの一つであるAppleのiPhoneで動作し、プライバシーを侵害する可能性のある中央データベースに依存していないので、初期のものより大きな利点があります

スイス、ラトビア、イタリアは、互いに近くにいた人たちのスマートフォンでのデータ交換を安全にログに記録するAppleとGoogleの技術に基づいて、アプリ用にBluetooth短距離無線通信を選択しました

フィンランド、アイルランド、ポルトガルを含む他の数カ国は、同様の分散型アプリに取り組んでおり、シンガポールとオーストラリアは、共同標準への移行を検討しています
オーストリアのStopp CoronaもApple/Googleフレームワークへのアップグレードを検討しています

スポンサーリンク

Reuters Apple Google 00002 z
英国も、集中管理されたアプリが深刻なセキュリティ問題を抱えていることが判明した後、移行が遅れ、法的な問題に直面していることから、移行を検討しています

しかし、米国では、わずか一握りの州がAPIを採用すると述べている, より多くの数がそれを拒否しています

問題の一つは、AppleとGoogleがAPIの仕組みと8つのプライバシー保護機能を消費者にうまく説明できていないことです、今になってみれば、AppleとGoogleは独自のアプリを作る必要があると述べています

(Via 9to5Mac.)











LEAVE A REPLY

*
*
* (公開されません)