iOS 13.5.5、開発中の将来のAppleサービスのバンドルの証拠が発見される

iOS 13.5.5、開発中の将来のAppleサービスのバンドルの証拠が発見される

Appleは、 「Apple Music」 や 「Apple TV+」 などを1つのサブスクリプションにまとめたサービスバンドルを発表するとうわさされています

AppleがiOS 13.5.5のベータコードに基づいて、実際にこのバンドルに取り組んでいるという証拠を発見しました

2019年には、これらのコンテンツを1つのサブスクリプションにまとめるために、音楽プロデューサーやパブリッシャーとの取引を交渉しているとされていました

このバンドルを利用すれば、Appleはすべてのデジタルサービスを低価格で提供できるだけでなく、ユーザーをそのエコシステムにさらに結びつけておくことができます

iOS 13.5.5内部ファイルには、以前のiOSバージョンには存在しなかった「バンドルオファー」と「バンドルサブスクリプション」への参照が含まれています

スポンサーリンク


これらのコードは、Apple News+のようなApple独自のサービスのサブスクリプションの管理システムに関連しているため、同社はまだ自社サービスとの割引コンボを提供する計画を持っていると考えられます

Financial Timesが指摘したように、Appleは今年、バンドルを介して他のAppleのサービスとApple Musicをペアリングする契約が含まれていないApple Musicのための新しい契約を締結しました

少なくとも我々は、これがまだAppleの計画中であることは解っています

(Via 9to5Mac.)











LEAVE A REPLY

*
*
* (公開されません)