AppleとGoogleのAPIを利用した接触通知アプリをスイスが最初にローンチ

AppleとGoogleのAPIを利用した接触通知アプリをスイスが最初にローンチ

スイスに拠点を置くチームが、AppleとGoogleが作ったフレームワークを使って、初のデジタル接触通知アプリを開発し、デビューしたと発表しています

4月10日に初めて発表され、5月20日に公開されたApple-Google APIは、Bluetooth信号を介してコロナウイルスの拡散を追跡する公衆衛生アプリを作成するために使用できる開発者ツールキットです

SwissCovidと呼ばれるこのAPIに基づいたスイスのアプリは、月曜日にパイロット段階に入り、スイス軍のメンバー、病院職員、公務員によってテストされるとBBCは報じています

これらの機関の開発チームによると、アプリはApple-Googleのフレームワークをベースにした世界初のもので、実際に起動すると伝えています

スポンサーリンク


他のデジタルコンタクトトレースの取り組みとは異なり、APIをベースにしたアプリは、厳格なオプトインポリシー、データの分散ストレージ、暗号化と匿名化措置など、プライバシーとセキュリティに関する一連のプロトコルに準拠する必要があります

スイスのニュースサイト、Swissinfo.chによると、アクセスが制限される前に、Googleバージョンのアプリが誤って一般に公開されましたが、EPFLの関係者は、今回の事件はパイロット段階には影響しないだろうと述べています

スイス議会は6月に同アプリを「法的根拠を議論する」予定で、6月半ばまでには正式にリリースされるはずです

(Via Apple Insider.)











LEAVE A REPLY

*
*
* (公開されません)