AppleのiPad、タブレットマーケットでシェア44%を獲得し拡大し続ける

AppleのiPad、タブレットマーケットでシェア44%を獲得し拡大し続ける

Strategy Analyticsの新たなレポートによると、iPadはタブレット業界を支配し続けています

Strategy Analyticsは本日、2019年のタブレットマーケットの実績に関するデータと共に新しいレポートを発表しました、データによると、Appleは引き続き市場で最大の収益シェアを持ち、Qualcomm、Intel、MediaTek、Samsungが後に続いています

Strategy Analyticsによると、Apple、Qualcomm、Intel、MediaTek、およびSamsung LSIは、2019年に世界のタブレットアプリケーションプロセッサーマーケットにおいて、収益シェアのトップ五を占めました

2019 Tablet AP 00001 z

Appleはマーケットシェアを獲得し、2019年には44%の収益シェアでタブレットAPマーケットシェアのトップの座を拡大し、それに続いてQualcommとIntelがそれぞれ16%の収益シェアを獲得しました

スポンサーリンク


Strategy Analytics Handset Component Technologiesのサービスレポートによると、世界のタブレット・アプリケーション・プロセッサ(AP)マーケットは前年比2%成長し、19億ドルに達しています

Strategy AnalyticsのアソシエイトディレクターであるSravan Kundojjala氏は、次のように述べています

Appleはマーケットシェアを拡大し続けているが、他のタブレットメーカーは現在衰退しつつある業界の一部を奪い合っている


タブレットの出荷台数の減少傾向は、平均販売価格(ASP)が堅調であるにもかかわらず、タブレットAPベンダーにとっての課題であり続けている

(Via Strategy Analytics.)











LEAVE A REPLY

*
*
* (公開されません)