Apple、11インチ「iPad Air」と23インチ 「iMac」の2020年モデルを準備中

Apple、11インチ「iPad Air」と23インチ 「iMac」の2020年モデルを準備中

アジア発の未確認レポートによると、Appleは2020年に発売されるiPad Airと今年後半に発売されるiMacモデルのディスプレイを大型化する予定だと言われています

しかし、どちらもミニLEDスクリーンではなく、Appleは2021年までこのタイプのディスプレイを搭載したコンピュータを持たないと報じられています

2020年のiPad Airは「ほぼ11インチ」のスクリーンを搭載

iPad Airの初期バージョンは9.7インチの画面を搭載していましたが、2014年には10.2インチのディスプレイを搭載しています

そしてAppleはこのトレンドを継続し、China Timesによると2020年のiPad Airは「ほぼ11インチ」画面に移行すると言います

アジアを拠点とする同サイトは、Appleがどのようにしてこれを達成するのか明らかにしていませんが、現在のモデルには比較的大きなベゼルが含まれています、これらは縮小する可能性があり、タブレットのサイズを大きくしなくても、ディスプレイのためのスペースを増やすことができます

これにより、理論的には2020年のiPad AirはiPad Proと同じスリムなベゼルになるものと予想されます

このミッドレンジのタブレットは、2020年の7~9月期に生産が開始される予定です

これは、最近噂されていた次期iPad Airとは違います、これにはMiniLEDスクリーンが搭載されると言われていますが、China Timesの報道によると、早ければ来年まで待たなければならないといいます

スポンサーリンク

23インチiMacも

China Timesによると、Appleは2020年後半に23インチiMacを発売する予定だといいます

第3四半期末か第4四半期末頃に生産を開始する予定です、これが現行の21.5インチiMacで、より大きいのディスプレイを搭載できるようにベゼルを小さくして再設計されたものかどうかは不明です

Appleが現行の27インチiMacの画面サイズを変更するつもりなのかどうかは不明です











LEAVE A REPLY

*
*
* (公開されません)