Apple、Jobs未亡人のPowell Jobs、DiCaprioが米国のフード・ファンドのために資金を調達

Apple、Jobs未亡人のPowell Jobs、DiCaprioが米国のフード・ファンドのために資金を調達

Apple、Jobs未亡人のLaurene Powell Jobs氏およびLeonard DiCaprio氏は、アメリカフード・ファンドを立ち上げ、コロナウイルスによって命を奪われつつあるアメリカ人のために1,500万ドルを集めることを目指しアメリカのフード・ファンドを立ち上げました

1,500万ドルは、始り

フォード財団の支援の支援を受けているアメリカのフード・ファンドは、1,500万ドルの資金調達を目指しており、現時点ですでに1,230万ドルを調達しています

全国の地域やコミュニティでは、家族や子どもを含む人々が日々直面している問題です。学校を休んでいて学校給食プログラムに頼っている子どもたち、低所得世帯、高齢者、仕事の中断に直面している個人など、最も脆弱な人々は、安全で一貫した食事へのアクセスを得る上で大きな障壁に直面しています

この基金は飢餓と戦っている第一線の組織に利益をもたらします

America s Food Fund 00002 z

最初の2つの受益者は 「World Central Kitchen」 と 「Feeding America」 となりますが、同グループはこのニーズに応えている他の組織や企業と提携する予定です

今回の資金調達は、コロナウイルスの問題に対する組織の対応を改善することを目的としています、それは、必要としている人々に対応し、食物サプライチェーンの混乱を管理し、社会的距離のガイドラインを尊重しながら人々に食事を提供することを意味します

スポンサーリンク

何が起きているのか?

COVID-19パンデミックの前には、3,700万人以上の人々が、次の食事がどこから来るのかを毎日のように把握するのに苦労していましたが、その数は指数関数的に増加しています


我々には、この危機的な時期に隣人を支援するために団結する機会があります

World Central Kitchenは、世界的に有名なシェフであり、人道主義者でもあるJoséAndrés氏が率いており、世界中で起きた災害の後、緊急に困っている人々に食事を提供する最前線にいます

同氏は次のように述べています

困っている時には、一皿の食事は重要な栄養であると同時に、地域社会からの希望のメッセージでもあります。これまで以上に、最前線のヒーロー、最も弱い立場にある近隣住民、そして失業中のレストラン従業員のために、WCKは食べ物が解決策の一部であることを確認する準備ができています

これがAppleの唯一の対応では決してありません、Appleは事業を展開する国際社会を支援する方法を模索し続けています

(Via America’s Food Fund.)











LEAVE A REPLY

*
*
* (公開されません)