iPadやMacBookの需要は新型コロナウィルスの影響を受けていないようだ

iPadやMacBookの需要は新型コロナウィルスの影響を受けていないようだ

サプライチェーンの報告書によると、新型コロナウイルスの発生中、ほとんどの店舗が閉店し、多くの消費者が財政的な不安に直面しているにもかかわらず、MacBookとiPadの需要は依然としてプラスになっているとのことです

本日の報告書によると、Appleのシザースイッチキーボードのサプライヤーは、新型コロナウイルス発生前の計画通りに生産を拡大し続けているとのことです

シザーキーボードは、16インチのMacBook Pro、13インチのMacBook Air、そして11インチと12.9インチのiPad Pro用のMagic Keyboardに採用されています

MacBook Air Magic Keyboard 00002 z

上流のサプライチェーンの関係者によると、Appleの再設計されたシザースイッチMagic Keyboardを搭載した新製品のサプライチェーンに携わっているサプライヤーは、コロナウイルスに関する懸念にもかかわらず、生産を拡大しており、注文の削減は見られていないとのことです

スポンサーリンク


これまでのところ、Appleは2020年に向けて上流のサプライチェーンとの受注を削減していませんが、関連する上流のサプライヤーは、新型コロナウイルスでの開発を注意深く監視しているとのことです

Appleは、12インチMacBookで初めて見られ、その後MacBook Proモデルにも展開されたバタフライキーボードのデザインに深刻な信頼性の問題が発生した後、シザースイッチキーボードへの移行を進めています

バタフライキーボードの信頼性の問題は、Appleがこの問題のために特別なサービスプログラムを開始したほど一般的なものでした

自宅で仕事をする人が増えていることや、ロックダウン中にエンターテイメントを求める人が増えていることから、iPadやMacBookなどのApple製デバイスの需要が高まっています

(Via 9to5Mac.)











LEAVE A REPLY

*
*
* (公開されません)