法執行機関はバックドアなしでiPhoneをクラックできる

法執行機関はバックドアなしでiPhoneをクラックできる

法執行機関は、ロックされたiPhoneのデータに、許可することなくアクセスできる可能性があると、何百もの捜査令状の分析が示しています

暗号化といわゆる「Going Dark」問題に関する議論は、法執行機関が現代のiPhoneからデータを正常に抽出しながらロックを解除できないデバイスの数を増やしているにも関わらず、何年も続いています

もちろん、多くの法執行機関はロックされたiPhone上のデータにアクセスできませんが、それは常に暗号化のためではありません。

マザーボードのデータセットによると、多くの法執行機関、特に連邦レベルの法執行機関は、GrayshiftとCellebrite製のデジタルフォレンジックツールを使用して、最新のiPhoneからデータを正常に抽出することができます

スポンサーリンク


声明の中で、FBIのスポークスマンは出版物に「アメリカの法執行機関の全体に存在する能力には大きな格差がある」と語っています、この格差により、小規模な法執行機関が、高度なiPhoneクラッキングテクノロジーを利用できるデバイスを連邦政府の施設に送り込む場合があります

Motherboardが分析した516件のうち、法執行当局は約295件のデータを抽出することができました

USB制限付きモードのようなAppleの機能により、法執行機関や法医学会社がデータにアクセスすることが難しくなったと、ある内部関係者はマザーボードに確認しました

(Via Apple Insider.)











LEAVE A REPLY

*
*
* (公開されません)