Apple、Apple Watchの血中酸素検出とアップグレードされたECG機能を開発中

Apple、Apple Watchの血中酸素検出とアップグレードされたECG機能を開発中

AppleはApple Watchで健康に焦点を当てた、2つの新機能を開発中と言われています

血中酸素検出

一つは、血液酸素飽和度を検出する機能です

血液中には酸素を運ぶヘモグロビンがあります、SpO2 は、血液中(動脈)の多くのヘモグロビンの何 %が酸素を運んでいるかを示しています

正常値は96 %以上、95 %未満は呼吸不全の疑いがあり、90 %未満は在宅酸素療法の適用となります

SpO2 は、パルスオキシメータという簡易装置を用いて測定します

現時点では、血中酸素の検出と通知に必要なハードウェアとソフトウェアは不明です。

新しいヘルス機能には、将来のApple Watch Series 6ハードウェアが必要になる可能性があります、また、将来のwatchOS 6アップデートまたはwatchOS 7が秋に登場する可能性もあります

スポンサーリンク

ECGのアップグレード

もう一つは、ECG機能のアップグレードです

Appleは現在の心電図機能の現在の欠点を取り除くことに取り組んでいます、Apple Watchシリーズ4および5では、現在、心拍数が1分あたり100から120拍の間の決定的でないECG測定値が得られています

ソフトウェアまたはハードウェアのいずれかの将来の更新により、ECGアプリのアップグレードバージョンでこの制限がなくなります

Appleは、将来のSleepアプリ用の組み込みの睡眠追跡機能も開発しています

(Via 9to5Mac.)











LEAVE A REPLY

*
*
* (公開されません)