iOS 13、バックグラウンドでの位置追跡が68%ダウン

iOS 13、バックグラウンドでの位置追跡が68%ダウン

ロケーショントラッキング

iOS 13でバックグラウンド位置追跡をユーザーに通知する際に、Appleがより積極的に行うことを決定した結果、アプリによって収集された位置情報データが68%減少しました

iOSは、ユーザーがアプリで現在地を追跡できるかどうか、いつ追跡できるかをユーザーに長い間提供してきましたが、iOS 13では2つの変更が導入され、ユーザーが問題をより認識できるようになりました

まず、アプリがバックグラウンドで位置追跡を使用している場合、iOS 13は定期的にポップアップを起動し、ユーザーにこの許可を与えたことを思い出させ、それをオフにするオプションを提供します

次に、現在地にアクセスするたびに許可を求めるようアプリに要求するオプションがあります

スポンサーリンク


Androidの位置制御は必ずしも便利ではありませんでしたが、最新のAndroid 10リリースでは、アプリが位置データを要求したときに、同様の「使用中のみ」設定でキャッチアップが行われます

iOSと同様に、Android 10は、既存のアプリがバックグラウンドで位置データを収集するときにユーザーに警告し、アプリがそうするのを停止するショートカットを提供します

「AppleとGoogleがGPS位置情報データへのアクセスを減らすと、マーケティング担当者は代わりに位置追跡のためにIPアドレスに目を向けるだろう」とLocation SciencesのSmith氏は述べています

(Via 9to5Mac.)











LEAVE A REPLY

*
*
* (公開されません)