動画サブスクリプション、2019年後半に開始されたDisney+とApple TV+で明暗が分かれる

動画サブスクリプション、2019年後半に開始されたDisney+とApple TV+で明暗が分かれる

「Disney+」と「Apple TV+」は2019年後半に同月内に発売されましたが、市場での受け入れが非常に異なっています

YouGovが2019年12月に Variety Intelligence Platform(VIP)と提携して、米国の成人1,182人を対象にオンラインで実施した調査の新しいデータからです

VARIETY 00001 z

満足度

満足度を「非常に満足」5点、から「非常に不満足」0点で調査をしています

各サービスで5点と4点で満足と答えた人の割合です

VARIETY 00002 z

最高は「Disney+」の76%でほぼ同じ74%で「Netflix」で「Amazon Prime Video」「Hulu」と続き「Apple TV+」48%でユーザーの期待に未だ応えていない可能性があることを示しています

スポンサーリンク

ユーザーインターフェース

「Apple TV+」が「Disney+」に及ばないこれらの重要な分野の1つ、それは製品設計です

「非常に使いやすい」5点から「非常に使いにくい」0点で調査

VARIETY 00003 z

「Apple TV+」で「非常に使いやすい」および「使いやすい」と答えた人は53%で「Disney+」は77%で「Amazon Prime Video」(68%)、「Hulu」(73%)より高くなっています

Appleの比較的低いユーザーインターフェイスランキングを説明するかもしれないものは、「Apple TV+」がApple TVアプリ内に収容されているという事実であり、これは単にAppleのオリジナルを見る場所ではなく、全体的なデジタルコンテンツ市場の多くとして機能します

コンテンツ検索プラットフォーム

見たい動画を、「非常に見つけやすい」5点から「非常に見つけにくい」0点で調査

VARIETY 00004 z

「Disney+」は、より一般的なストリーミングサービスのように機能し、親会社の様々なブランドが所有、ライセンス、または作成したコンテンツを収容します

そして、コンテンツがスクロール可能な行にレイアウトされる方法は、Netflixを連想させます

「Apple TV+」と 「Apple TV+」以外のコンテンツを Apple TV アプリ内でブレンドすると、消費者の間で「ザ・モーニングショー」のようなAppleのオリジナルを見たいだけの不満を引き起こしている可能性があります

(Via Variety.)


実際に利用してみて、「Apple TV+」は「Apple TVチャンネル」セクションの最初にリストされていますが、Apple TVアプリ内から「Apple TV+」コンテンツにアクセスする場所を、Appleはより明確にする必要があると思います











LEAVE A REPLY

*
*
* (公開されません)