Apple AirPods Pro、ファームウェア「2C54」でアクティブノイズリダクションの効果の低下が実験で証明される

Apple AirPods Pro、ファームウェア「2C54」でアクティブノイズリダクションの効果の低下が実験で証明される

ファームウェア「2C54」

今月初めにAirPodsのファームウェア「2C54」で幾つかの問題があることをお伝えしました

この時は、このアップデートの(自動)インストール後、新しいワイヤレスヘッドフォンのアクティブノイズリダクション機能の効率が低下すると考えていた複数のユーザーによって提起された仮説の1つでした

AirPods Pro 2C54 00002

RTingsサイトで実施されたテストによると、アクティブノイズ分離のレベルを大幅に低下させることがわかりました

このサイトは、ヘッドセットとイヤホン用の非常に正確なテストバッテリーの実行を専門としていますが、ファームウェア2C54に続くAirPods Proのアクティブな遮音性に関する声明を更新しました

スポンサーリンク


ANC 2C54 00001 z
左:ファームウェア2B588、右:ファームウェア2C54を使用

ノイズキャンセルのパフォーマンスは、以前の測定値「特に低音域」と比較してかなり大きく低下していますです

アクティブノイズリダクションがアクティブにしても、ヘッドフォンは、飛行機やバスのエンジンの振動をブロックするために、以前と同じレベルのアイソレーションを提供していません

このファームウェアの削除はかなり迅速だったため、このバグに悩まされる必要はないかもしれませんが、アップデートしている場合はAppleがファームウェアアップデートをするのを待つ以外方法はありません

(Source RTings , Via Watch Generation.)











LEAVE A REPLY

*
*
* (公開されません)