Apple、2020年末から製品をランダム化されたシリアル番号の使用を開始する可能性

Apple、2020年末から製品をランダム化されたシリアル番号の使用を開始する可能性

シリアル番号をランダム化

Appleは、Apple認定サービスプロバイダと共有する内部メモで、Appleが将来の製品のためにランダム化されたシリアル番号を導入することを計画しており、新しいシリアルは2020年末から有効になると述べています

現在のところ、Appleシリアル番号を解読することは可能です。たとえば、シリアル番号は、製品が製造された日付や場所などの情報を明らかにすることができます。通常、シリアル番号は、製品に関する詳細な情報をAppleに提供するのに役立ちます

最近のMacは12桁、古い機種は11桁です

最近のMac

シリアル番号が、ABCDEFGHIJKL の12桁の場合

  • 最初の3桁(ABC):製造場所
  • 4桁目(D):製造年
  • 5桁目(E):製造週
  • 6-8桁目(FGH):製造ライン
  • 9-12桁目(IJKL):製品機種

古い機種のMac

シリアル番号が、ABCDEFGHIJKの11桁の場合

  • 最初の2桁(AB):製造場所
  • 3桁目(C):製造年
  • 4-5桁目(DE):製造週
  • 6-8桁目(FGH):製造ライン
  • 9-11桁目(IJK):製品機種

スポンサーリンク

詐欺師はシリアル番号を使用して人々を騙す

以前の詐欺師は、iPhoneから元のコンポーネントを削除し、偽のコンポーネントに置き換えることによって、Appleを騙しました

詐欺師は、一度受け取った交換デバイスを求めます、この場合、詐欺師は主要なコンポーネントを販売するだけでなく、交換されたiPhoneを再販することによってお金を稼ぐでしょう

Appleは、iPhoneで偽の部品を検出する診断ソフトウェアを開発することで、詐欺師に取り組みました

ランダム化されたシリアル番号は解読が容易ではなく、詐欺を防ぐことになる可能性があります

(Via MacRumors.)











LEAVE A REPLY

*
*
* (公開されません)