米国4大キャリアストアの12月の売り上げの90%以上をAppleとSansungが占める

米国4大キャリアストアの12月の売り上げの90%以上をAppleとSansungが占める

iPhone 11が最も売れている

分析会社のWave7 Researchの新しい調査調査によると、AppleとSamsungの携帯電話は、12月にすべての主要なキャリアストア(Verizon、AT&T、Sprint、T-Mobile)で売り上げの90%以上を占めることがわかりました

レポートによると、AppleとSamsungは、Verizonの店舗で94%、AT&Tの店舗で95%、Sprintの店舗で94%、T-Mobileの店舗で91%の電話を販売しました

12月に4つのキャリアすべてで最も人気のある電話はiPhone 11でした、また最も売れたSamsungの携帯電話はGalaxy S10でした

GoogleのPixelラインナップは4つの各キャリアで2〜4%でしたが、OnePlusはT-MobileでのOnePlus 7T Pro McLarenの発売により全体で2.3%になりました

スポンサーリンク


プリペイド携帯電話の場合、12月の上位5台のうち4台はiPhoneまたはSamsungで、5番目はLG Stylo 5でした

Wave7 Researchのレポートによると、MetroPCSでは、12月前半にサムスン、LG、およびモトローラがトップセラーでした

また、Counterpoint Researchは、2019年第3四半期に、AppleとSamsungで市場全体の67%を占め、12%がLG、8%がMotorola、13%がその他と述べています

Counterpoint Researchは、米国市場は他のグローバル市場とは大きく異なり2019年第3四半期の世界のトップ5ベンダーは、Samsung、Huawei、Apple、Oppo、Xiaomiと報告しています

(Via PCMag.)











LEAVE A REPLY

*
*
* (公開されません)