Apple、iPhone 11シリーズが許可なしに位置データを要求している理由を説明

Apple、iPhone 11シリーズが許可なしに位置データを要求している理由を説明

犯人は新しいウルトラワイドバンド技術

Appleは、位置追跡に関する新しいiPhone 11およびiPhone 11 Proモデルで、独特で不安なプライバシー問題をようやく明らかにしました

セキュリティの専門家であるBrian Krebs氏は、ユーザーが適切なプライバシー設定を切り替えて情報を共有しない場合でも最新のiPhoneが位置データを要求することを今週始めに明らかにしました

Appleは現在TechCrunchに犯人が新しい超広帯域技術であることを伝えて、同社は今後のアップデートでそれを無効にする方法を提供するとTechCrunchは報告しています

Appleの広報担当者はTechCrunchに対する声明の中で「ウルトラワイドバンド技術は業界標準の技術であり、特定の場所でオフにする必要がある国際的な規制要件の対象となっている」と述べています

また、「iOSは位置情報サービスを使用して、iPhoneがこれらの禁止された場所にあるかどうかを判断し、ウルトラワイドバンドを無効にして規制に準拠しています。ウルトラワイドバンドコンプライアンスの管理と位置データの使用は、デバイス上で完全に行われ、Appleはユーザーの位置データを収集していません」とも述べています

スポンサーリンク


9月にiPhone 11が導入されたことで、Appleは携帯電話に新しいU1チップとそのProバリアントを含めたため、セルタワーや衛星に信号をバウンスすることなく他のU1デバイスとローカライズされた通信を行えるようになったと述べました

Appleは、「リビングルームの規模でGPSを考えてください、AirDropを使用している人とファイルを共有したい場合は、iPhoneをその人に向けるだけで、リストの最初に表示されます」と説明しています

これは事実上、Bluetoothのより良い形式でありそれはより正確な、位置に依存するAirDropのようなiOSのいくつかの新機能の基礎です、U1チップは、紛失した物体を見つけるためのタイルのようなデバイスで、間もなく発表されるとの噂のApple Tagでも有効になる可能性が高いです

今後は対策も

しかし、Krebs氏が発見したように、ユーザーが共有したくないと言った場合でも、最新のiPhoneが位置データを要求する原因にもなります

この特定の形式の位置リクエストを無効にする1つの方法は、デバイス設定ですべてのグローバル位置サービスをオフにすることでした

TechCrunchの報告によると、同社は将来的にこれをオフにするための何らかのトグルを含むだろうと述べています

Phoneの「設定」>「プライバシー」>「位置情報サービス」で位置情報サービスを完全に無効にすると、ウルトラワイドバンドチップが位置情報データの収集をしないことが明らかになっています

(Source TechCrunch , Via The Verge.)











LEAVE A REPLY

*
*
* (公開されません)