Apple、より大きなバッテリーを5G iPhoneで使用できるようになる

Apple、より大きなバッテリーを5G iPhoneで使用できるようになる

5Gスマートフォンはバッテリー寿命をより速く消費するため、メーカーがこれらのデバイスに大容量バッテリーを装備するために必要なスペースを確保することが重要です

村田製作所の小型コンデンサーは、5G iPhoneに大容量バッテリーを搭載する余地を残す

日経アジアン・レビューによると、Apple とHuaweiのサプライヤーである京都を拠点とする村田製作所は、主力の電子部品の超小型バージョンを開発したと報告しています、これは、密集した5Gスマートフォン内のスペースを解放することを約束する成果です

春になると、村田製作所は、既存のコンデンサの5分の1の容量でありながら、10倍の蓄電容量を持つ小型の積層セラミックコンデンサの大量生産を開始する予定です

5G Battery 00002 z

同社は、世界市場で40%のシェアを誇っており、これらのコンデンサのトップサプライヤーです

スポンサーリンク


第5世代ワイヤレスネットワーク用のスマートフォンには、より大きな機能とより広い周波数範囲を処理するために、より大きなバッテリーとより多くの部品が必要で、その結果、デバイス内部のスペースが狭まりつつあり、コンデンサが小さいほど安心し、電話の設計者はより自由になります

噂ではAppleは来年に、1〜4つの5G対応のiPhoneをリリース予定です

また、2020年ラインナップには、画面サイズが5.4インチ(1モデル)、6.1インチ(2モデル)、6.7インチ(1台)のOLEDとも言われています

(Source NIKKEI Asian Review , Via phoneArena.)











LEAVE A REPLY

*
*
* (公開されません)