Apple、2019年後半には Siri を使用したサードパーティ製アプリの制限を解除

Apple、2019年後半には Siri を使用したサードパーティ製アプリの制限を解除

将来のiOSアップデートでは、Siriがユーザーの好みのアプリを使用するようになります、つまり、WhatsAppなどのアプリはデフォルトのAppleアプリを効果的に置き換えることができます

Appleは、サードパーティのアプリが独自のメッセージやその他のソフトウェアツールに取って代わることを許可することを計画していると伝えられています

この動きは、AppleのアプリがApp Storeを支配し、iPhone、iPad、およびSiriを介してデフォルトの場所を占めるとされる最近の批判に続いています

Appleは、Bloombergへの声明でニュースを発表しました

スポンサーリンク

Apple は、ハードウェア、ソフトウェア、およびサービスの統合からのみ可能なエクスペリエンスをユーザーに提供しています。


最初のiPhoneから、電話をかけたり、音楽を再生したり、Webサーフィンをしたりするなど、すぐに使用できる優れたエクスペリエンスを顧客に提供するアプリが含まれています


すべての世代のiPhoneで、優れたパフォーマンス、長いバッテリー寿命、シームレスな統合、および業界をリードするセキュリティとプライバシーの保護のために設計されたいくつかのデフォルトアプリで、顧客向けの組み込み機能を拡張しました


また、アプリを入手する最も安全な場所であるApp Storeを作成しました。そのため、顧客は何百万ものアプリから選択して、iPhoneをさらに強化するアプリを見つけることができます


Appleがアプリを所有しているいくつかのカテゴリーでは、多くの成功した競合他社があり、その成功が開発者向けの数十億ドル規模の市場でほぼ200万人の米国の仕事を担っていることを誇りに思っています

iOSのアップデートは2019年後半にリリースされる予定ですが、この機能ではアプリ開発者がSiri機能を追加する必要もあります

(Via appleinsider.)











LEAVE A REPLY

*
*
* (公開されません)