iPhone 11のU1チップは、Ultra Wideband革命の始まり

iPhone 11のU1チップは、Ultra Wideband革命の始まり

U1チップ

iPhone 11およびiPhone 11 Pro/Pro MaxのU1に組み込まれているのは、さまざまなインテリジェントデバイスの相互作用を劇的に変える可能性のある新しいテクノロジーですが、AppleはAirDropに少しだけ追加するためにそれを使用しています

Ultra Wideband 00001 z

Appleはおそらく、製品がリリースされたまさにその瞬間に、U1を動かす無線規格であるUltra Widebandについて話す準備ができているでしょう

Appleが設計した新しいU1チップは、空間認識にUltra Widebandテクノロジーを使用しており、iPhone 11 Proは、近くにある他のU1を装備したAppleデバイスとの相対的な正確な位置を把握できます

スポンサーリンク


このテクノロジーは、Apple WatchがMacのロックを解除できるようにするためにAppleがすでに使用している方法を使用して機能します

つまり、無線信号の合計往復時間を使用してデバイスの距離を決定します

AppleがU1に関連して発表した唯一の機能は、その正確な位置を使用して別のiPhone 11が近いかどうかを判断し、そのデバイスをAirDropインターフェイスの最上部にポップするAirDropの修正バージョンです

Appleはあまり語っていないかもしれませんが、そのU1チップは、ミリメートル単位の精度ですべてのデバイスが互いの位置を知る世界への最初の一歩かもしれません

UWBチップメーカーDecawaveのマーケティング担当副社長Mickael Viot氏は次のように語っています

実装によっては精度が5ミリメートルまで低下する可能性があります

スポンサーリンク

AirDropおよび追跡タグを超えて

Ultra Widebandの可能なアプリケーションは、AirDropおよび追跡タグをはるかに超えています

Viot氏によれば、潜在的なアプリケーションには、スマートホームテクノロジー、拡張現実、モバイル決済、前述のキーレスカーエントリー、さらには屋内ナビゲーションが含まれます

スマートホームテクノロジーに関しては、デバイスの位置と家の人間の位置を正確に把握しているデバイスによって、セキュリティと機能の両方を改善できます

今週発売されるiPhone 11ファミリは、UWBをサポートする最初のコンシューマスマートフォンになります

このテクノロジーを取り巻くさまざまな業界団体を見ると、Google、Samsung、HTC、およびその他の主要なプレーヤーがゲームに参加する予定があることがわかります

(Via Six Colors.)











LEAVE A REPLY

*
*
* (公開されません)