米国連邦航空局、Apple 15-inch MacBook Pro(2015 Mid)をフライト禁止に

米国連邦航空局、Apple 15-inch MacBook Pro(2015 Mid)をフライト禁止に

Apple Inc.が最近、一部のユニットには火災の危険をもたらすバッテリーが搭載されていると述べた後に、米国の航空安全規制当局は、MacBook Proフライト禁止にしたと Bloombergは報じています

Appleは6月、2015年9月から2017年2月に販売された15インチMacBook Pro モデルの自主的なリコールおよび交換プログラムを発表しました

Bloombergへの声明の中で、連邦航空局は、米国の主要航空会社がリコールについて通知を受け、交換用バッテリーを受け取っていない影響を受けたApple 15インチMacBook Proは、貨物としてのフライトや機内持ち込み手荷物では許可されません

今月初め、欧州連合航空安全局は、影響を受けるMacBook Pro モデルの電源をオフにし、飛行中は使用しないように、欧州の航空会社に警告しました

TUI Group Airlines、Thomas Cook Airlines、Air Italy、Air Transatを含む4つの貨物航空会社は、影響を受けるMacBook Proが貨物として持ち込まれないようにする禁止措置を実施しています

スポンサーリンク


英国を拠点とするTUI Group Airlines は、ゲートで離陸前に影響を受けるMacBook Pro モデルについて発表を開始する予定ですが、バッテリーを交換したラップトップは影響を受けません

同様の発表が米国の空港および世界中の他の空港で行われるかどうかについては、何も述べられていません

Appleは、15-inch MacBook Pro(2015 Mid)のユーザーに、バッテリーを交換するための措置を講じることができるまで、マシンの使用を停止するように依頼しました

15-inch MacBook Pro(2015 Mid)のユーザーは、リコールプログラムのWebサイトにMacのシリアル番号を入力して、マシンに交換用バッテリーが必要かどうかを確認できます

15-inch MacBook Pro モデルは、過熱して発火する危険があります。影響を受ける可能性のあるMacBook Pro ユニットの約432,000 ユニットが米国で販売され、カナダでは26,000 ユニットが販売されています











LEAVE A REPLY

*
*
* (公開されません)