AppleのAirPodsビジネスは想像以上に大きい

AppleのAirPodsビジネスは想像以上に大きい

巨大ビジネス

AppleのAirPodsワイヤレスイヤフォンはサイズは小さいかもしれませんが、巨大なビジネスです

WedbushアナリストDan Ivesによると、Appleは今年、5,000万台のAirPodsを1組159ドルで販売する予定で、これは約80億ドルの収益になります

Appleは、iPhoneの売り上げが好調の2016年にAirPodsを発売しました、しかしこの1年でiPhoneの売り上げは落ち込み始めており、Appleはこれらを相殺するためのたの収入源を求めています

AirPodsは、通勤や通学のために普遍的なアクセサリーであり、その役割を部分的に果たしています、問題は、AirPodsを別の人気ビジネスであるApple MusicやiCloudを含むサービスと組み合わせれば十分かどうかです

明らかなことは、AppleがAirPodsとの競争で他を打ち負かしているということです

Counterpoint Researchによると、昨年、世界のワイヤレスイヤフォン市場の60%を占め、10%のシェアを持っていたJabraのElite Active 65tを簡単に上回りました

スポンサーリンク


Fortuneのインタビューで、Creative StrategiesのアナリストであるTim Bajarinは、AirPodsの勢いは、その設計と159ドルの価格に直接起因する可能性があると述べました

AirPodsの収益の80億ドルが正確であれば、そのビジネスだけで Fortune 500で384位にランクされ、Foot Locker、Motorola、およびチップメーカーAMDに次ぐ順位となります

それでも、新興のApple製品が同社の年間売上高2,650億ドルに大きな影響を与えることは難しく、売上高の約3%しか占めていません

同氏は、AirPodsは特に高い粗利益を持っているとFortuneに話しています

彼は、AirPodsが売れる毎に90〜100ドルの粗利益を生み出していると推定しています、これは、1組59ドルから69ドルの製造コストを意味します

それに基づいて、AirPodsは50億ドルの粗利益を計上することになります、しかし昨年のAppleの総利益は1,018億ドルでしたので、AirPodsの貢献はわずかです

しかし、AirPodsからのAppleの粗利益は、Twitterやコンピューターセキュリティ会社のSymantecなど、多くの大手テクノロジー企業の年間収益を上回っています

大きな未来

将来に関しては、AppleのAirPodsの売り上げは年間50%増加すると言い、同社の総収益に占める割合は、今年の2.5%から2020年には3%、2021年には3.5%に増加します

さらに重要なことに、Loup VenturesのアナリストGene Munsterは、AirPodsがAppleのウェアラブル部門の成長の重要な源になりつつあると語り、その成長は非常に強力であるため、iPhoneの販売の減少はそれほど心配ではないと話しています

(Via Fortune.)











LEAVE A REPLY

*
*
* (公開されません)