Apple Watch、2019年Q2は570万台でスマートウォッチの50%近いシェアを獲得

Apple Watch、2019年Q2は570万台でスマートウォッチの50%近いシェアを獲得

前年同期比50%増

Strategy Analyticsの最新の統計によると、Appleは570万台のApple Watchデバイスを出荷し、6月までの3か月間に市場の46.4%を獲得しました

この結果は、2018年の同四半期に出荷された380万台から50%増加しています

Strategy Analyticsのエグゼクティブディレクター、Neil Mawston氏は「世界のスマートウォッチ市場シェアは、前年の44%から46%に成長し、Appleは引き続き明確なスマートウォッチ市場のリーダー」だと述べています

Apple Watch 2019Q2 00001 z

スポンサーリンク


サムスンは200万台のスマートウォッチを出荷し、2018年第2四半期の10.5%から2019年にほぼ16%に増加しています

今月初め、Fitbitは、予算Apple Watchの競合他社として宣伝されていたVersa Liteの売上が予想を下回ったため、2019年度のガイダンスを引き下げました

全体として、スマートウォッチ市場は第2四半期も成長を続け、前年同期の860万台から約1,230万台を出荷しました

(Via appleinsider.)











LEAVE A REPLY

*
*
* (公開されません)