Apple、アートを題材とする一連の新しいToday at Appleセッション、[AR]Tの提供を開始

Apple、アートを題材とする一連の新しいToday at Appleセッション、[AR]Tの提供を開始

Today at Appleセッション

AppleはApple Store(直営店舗)でおこなわれているToday at Appleセッションに、アートを題材とする一連の新しい拡張現実(AR)エクスペリエンス―[AR]Tの提供を開始しました

3つの新しいセッションは、世界に名だたる現代アーティスト数名の作品と屋外で触れ合える体験型ウォーク、AR作成の基本をSwift Playgroundsを用いて学ぶストア内での講座、世界中のApple Storeで見ることができるARアートのインスタレーション作品となります
ART 00005 z

スポンサーリンク

[AR]Tウォーク

世界的な7人のアーティスト、Nick Cave、Nathalie Djurberg & Hans Berg、Cao Fei、John Giorno、Carsten Höller、そしてPipilotti Ristがこのプロジェクトのためだけに制作したARアートは、香港、ロンドン、ニューヨーク、パリ、サンフランシスコ、東京で開催される「ウォーク」セッションで体験できます

ART 00002 z

[AR]Tラボ

アーティストであり教育者でもあるSarah Rothbergが作った可愛らしいオブジェクトやサウンドを使って、Swift PlaygroundsによるオリジナルのARエクスペリエンスのコーディングを学びます

ART 00003 z

体験する[AR]T

Apple Storeアプリケーションの[AR]Tビューアを使って、ストア内を歩きながらIkonエレメントを集め、ポジティブなエネルギーに満ちた宇宙を体験します

ART 00004 z

[AR]Tの詳細および申込はこちらから行えます











LEAVE A REPLY

*
*
* (公開されません)